SPF PA

日焼け止めのSPFとPAってなにが違うの?

SPF,PA

 

まずSPFとPAを理解する前に紫外線について理解しましょう

 

紫外線は3種類ある

 

SPF,PA

 

紫外線は可視光線の外の波長で目には見えません。

 

虹が綺麗に並んだ時に外側が赤色、内側が紫色になります。
この範囲が人が目で見える範囲です。

 

虹でも赤よりも外側(赤外線)と紫より内側(紫外線)が存在するのですが目には見えていません。

 

 

紫外線は波長の長さで3つに分類されています

 

SPF,PA

 

紫外線の波長の長さと呼び方は次のとおりです。

  • UV-A 315-380nm
  • UV-B 280-315nm
  • UV-C 200-280nm

 

波長が長いほど遠くまで届き、波長が短いほどエネルギーが高いという特徴があります。

 

つまりUV-Aはエネルギーは弱いですが遠くまで届き、UV-Cはエネルギーは強いですが遠くまで届きません。
実際にUV-Cはオゾン層で止められてしまうので地表まで届きません。

 

わたしたちが気にするのはUV-AとUV-Bということになります。

 

 

UV-AとUV-Bの肌に対する影響とは

 

SPF,PA

 

UV-Aは肌の表皮をとおりこし真皮まで到達します。
そして真皮に存在するコラーゲンやエラスチンを破壊することで、しわやたるみの原因をつくります。
UV-Bと比べてエネルギーはないので、すぐに目に見える変化があるわけではありませんが、じわじわと老化を招いています。

 

UV-Bは肌の表皮あたりで吸収され細胞膜を破壊し炎症を起こします。
日に焼けて肌が赤くなるのはUV-Bのしわざだったのです。
またメラノサイトを活性化しシミやそばかすの原因にもなります。

 

 

SPFとPAとは?

 

さていよいよ肝心のSPFとPAのいみですが、

  • PAはProtection Grade of UVAの略でUV-Aの防御力
  • SPFはSun Protection Factorの略tでUV-Bの防御力

をあらわしたものです。

 

PAの紫外線防御力は「PA+」から「PA++++」までの4段階であらわされ+の数が多いほど効果が高いです。

 

SPFの数字は「日焼けするまでの時間をどれだけ伸ばせるか」を表しています。

 

例えばSPF30の場合、日焼けするまでの時間を30倍遅らせることを意味しています。
人は一般的に日に当たって15~20分ほどで焼ける始めるので、SPF30なら450~600分ほどUV-Bから肌を守ってくれるのです。
SPF50+はSPF51以上の強さという意味です。

 

もちろんこれは日焼け止めがきちんと塗られているときの話です。
汗で流れ落ちている場合などは効果が下がるので、きちんと塗り直ししましょう。

 

ホワイトヴェールはUV-A、UV-Bのどちらにも防御効果があります。

 

老化の原因の8割は光老化で紫外線のせいと言われています。
アンチエイジングをするには紫外線対策が一番効果があります。
日頃からしっかりと日焼け止めを塗り、ホワイトヴェールで体の内側からも紫外線対策をしましょう。